きほん、こどく。

詩人が編み続ける架空の日常

行き来してみる

聴きたかったRoomの開催時刻が、思い切り重なった。

ラジオであればアプリの録音機能やタイムシフトが使えるのだが、clubhouseではそうはいかない。

規約で、メモすら禁じられているのだ(その場のモデレーターやスピーカー全員の同意があった場合を除く)。

それでは、とRoomを行き来することにした。 この辺りがフェスや居酒屋に例えられるのかもしれない。

 

映画関連、音楽関連、風の時代関連、旅行関連など、4〜5箇所を回ってみる。

モデレーターの声が好みだったり、聴きやすい話し方をされていたり、楽しげな空気感が伝わったり、というRoomには長くとどまっていたように思う。

一方で、有意義なトークが繰り広げられているのだが、なんだか波長が合わず、早々に退出したroomもあった。

 

出入りを繰り返しても、「通してください〜すみません😅」となることはない。

後の席なのでステージが遠い、という感覚もない。

仮想空間ならではであり、この時代にもマッチングしていると言える。

 

デバイスはまだまだ限定的だ。

始まったばかりのシステムであり、やはり「未来に期待」というところであろう。

f:id:Sala-Y:20210114174450j:plain

油断するとバッテリーがあっというまにエンプティ