きほん、こどく。

詩人が編み続ける架空の日常