架空のつぶやきゴト

詩人が編み続ける架空の日常

水曜日の顔をした火曜日に

9月半ば

水曜日の顔をした火曜日に

何やってんのさと

軽く諭され職場へ向かう

 

奇数月の焦りなど

知ったことでない

言い聞かせても胸の縁(ふち)に

引っかかったままだ

 

スマホ画面の通知に

それほど深い意味がないと

納得したのは

いつだったろう

 

9月半ば

水曜日の顔をした火曜日に

何やってんのさと

肩をたたかれ職場へ向かう

昨日の疲労を抱えたままで